tizu-kisairei
警察が現地確認を行うために、目印となるような建物や店舗を記載してください。

使用の本拠(例えば自宅、会社所在地)、保管場所を明記してください。

使用の本拠と保管場所を矢印で結んでください。

使用の本拠と保管場所の直線距離(おおよそでOK)を記載してください。

保管場所の平面の寸法をメートル単位で記載してください。高さ制限のある駐車場は、高さも記載してください。複数台の車が駐車されている駐車場は、駐車番号を記載してください。

出入り口と、その幅をメートル単位で記載してください。

接する道路の幅をメートル単位で記載してください。

留意事項

※次の場合は、「所在図」を省略することができます。

  • 本拠の位置が保管場所の位置と同一であるとき。(例えば、自宅の敷地内の駐車場に保管するとき)
  • 自動車買い替えの際、使用の本拠の位置と保管場所の位置が旧自動車と同じであるとき。(申請書に旧自動車の保管場所標章番号を記載してください)

※「配置図」はいずれの場合も省略できません。

所在図を省略できる条件

所在図作成の裏ワザ

他の書類の書き方はこちらから

自動車保管場所証明申請書の書き方

自動車保管場所標章交付申請書の書き方

保管場所使用承諾証明書の書き方

自認書(保管場所使用権限疎明書面)の書き方