todokede-kisairei
「新規」・・・軽自動車の新車の購入、未届の軽自動車の中古車購入等の場合
「変更」・・・保管場所の変更、既届の軽の中古車の購入等の場合

「軽」・・・軽自動車

「登録」・・・軽以外の登録自動車

車検証を見ればすべて記入できます。車名はカタカナで記入します。(三菱は漢字で)

「使用の本拠」・・・個人の場合は住所地になります。法人の場合は、実際に営業を行う事業所の所在地となります。本社に限らず支社の場合もあり得ます。役員の自宅や社員寮の住所は使用の本拠になりません。※申請者と使用の本拠の場所が違う場合は、使用の本拠を疎明する書面(事業証明の写し)等が必要です。

自動車の買い換え等で、本拠の位置と保管場所の位置のいずれも旧自動車と同一か、届出日の前15日以内まで旧自動車の保管場所とされていた場合は、旧自動車の保管場所標章を記載することにより「所在図」を省略することができます。

管轄の警察署名を記入します。郵便番号、住所、電話番号、氏名、認印で押印します。日付は申請する時、窓口で書いたほうが間違いありません。本人が申請する場合で、窓口で申請書を書く場合は、自署で署名すれば認印は省くことができます。

保管場所の所有者について○を付けます。

  • 「自己単独所有」・・・保管場所が自己所有である場合です。よって、「自認書」が必要です。
  • 「他人所有」・・・保管場所が他人所有である場合です。よって、「駐車場賃貸借契約書」または「保管場所使用承諾証明書」が必要です。
  • 「共有地」・・・保管場所の所有者が複数名いる場合です。共有者全員の承諾書が必要です。

「自動車登録番号」・・・届出をする車両の登録番号(ナンバー)を記入してください。

軽自動車についてナンバー取得前に届出する場合には、判明した時点で警察署へその番号を連絡してください。

申請書ダウンロード

留意事項

※軽自動車を取得した場合の車庫の届出および登録自動車や軽自動車の車庫だけを変更(使用の本拠は変更しない)した場合に必要な届出です。

※軽自動車の保管場所の届出は、ナンバーを取得した後速やかに行ってください。

※軽自動車(届出義務の適用地域のみ)、登録自動車を問わず、車庫だけを変更した場合は、15日以内の届出が義務付けられています。

届出適用地域

※適用除外地域の場合は、車庫証明は必要ありません。

軽自動車の車庫証明が必要な地域
名古屋市、瀬戸市、春日井市、小牧市、一宮市(旧木曽川町、旧尾西市を除く)、半田市、刈谷市、安城市、岡崎市(旧額田町を除く)、豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧旭町、旧稲武町、旧足助町、旧下山村を除く)、豊川市(旧一宮町、旧音羽町、旧御津町、旧小坂井町を除く)、豊橋市

他の書類の書き方はこちらから

自動車保管場所標章交付申請書の書き方

保管場所使用承諾証明書の書き方

自認書(保管場所使用権限疎明書面)の書き方

所在図・配置図の書き方