車庫証明の申請には所在図・配置図という書類を添付しなければなりません。

車庫証明の必要書類

軽自動車の車庫証明

この所在図・配置図は、提出する書類のなかでも面倒なものの1つです。地図を描くのが苦手な方は、何度も下書きをしては消して、苦労しながら作成される方もいらっしゃいます。

しかし、便利なあるツールを使えば、あっという間に所在図を作成することができるのです。

インターネットの地図を活用しよう!

最近は、インターネットの地図を印刷して使用することを認める警察署も増えてきています。(※著作権の関係で認めないところもありますのでご注意ください)このインターネットの地図を利用すれば、定規を使って鉛筆で下書きをしたり、ペンで清書する手間を一気に省くことができます。

具体的な手順は、

  1. インターネットの地図で使用の本拠(大抵は自宅になります)もしくは保管場所を検索する。
  2. 縮尺を調節して、使用の本拠と保管場所が画面に収まるようにする。
  3. 印刷画面に切り替えて印刷用紙に対してどれくらいの大きさに印刷されるかを確認する。※提出する書類は地図を書く範囲が限られていますので、大きすぎるとはみ出てしまいますし、小さすぎると見づらくなってしまいます。ちょうどいいサイズに調整してください。
  4. 印刷したら、使用の本拠と保管場所が収まる範囲を四角く切り取る。
  5. 切り取った地図を提出する書類に貼り付ける。(のり若しくは透明のセロハンテープを使う)
  6. 貼り付けた書類をコピーする。

このように、インターネットから地図を印刷して貼り付ければ、簡単に所在図を作成することができます。

Yahoo地図がオススメ

インターネットにはたくさんの地図がありますが、その中でもYahoo地図がオススメです。

他の地図ではダメなのか?と思うかもしれません。ダメではないのですが、1つ問題があるのです。それは、

印刷すると、薄くなってしまう

ということです。ネット上の地図は、視覚的に見やすくするため、淡い色で表記されることが多くなっています。例えば、高速道路や線路の高架下の表記部分をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

試しに、googleマップで東京駅を印刷すると次のようになります。

googlemap

ボンヤリとしてしまっているのが分かると思います。

業務用などの高機能なプリンターなら濃淡を簡単に設定できるので問題無いかもしれません。しかし、家庭用のプリンターだと濃淡調整がないものもあります。そこで、オススメなのがYahoo地図です。

とはいえ、普通に印刷してしまっては上記のgoogleマップと同じようになってしまいます。そこで便利なのが、

モノトーンという地図です。

Yahoo地図の特徴は、通常の地図や航空写真だけでなく、地下図、地形図、水域図といったマニアックな地図も参照することができます。そのなかにこのモノトーンという地図も存在します。この地図を使うと、

yahoomap

このようになりました。道路の輪郭がはっきりていて見やすくなりました。

モノトーン地図に変更する方法

yahoo1 右上の「地図」の隣にある▼を左クリックします。

yahoo2
次に、出てきた地図の中からモノトーンを選択し左クリック。

yahoo3
ちゃんと変更されました。

いかがでしたか?

インターネットの地図を利用することで、手書きで何度も下書きしたり、ペンでなぞって清書する手間がなくまります。しかも、警察が現地確認するための目印となる建物や場所もあらかじめ表記されていますので一石二鳥です。

是非利用してみてください。

※著作権の関係でインターネットで印刷した地図を認めない警察署もありますのでご注意ください。

合わせてご覧ください

所在図・配置図の書き方

所在図を省略できる条件