車庫証明の申請にはいくつかの必要書類がありますが、その中の1つに「保管場所使用承諾証明書」というものがあります。

これは、車を保管する場所の所有者に、「車の保管場所として使用することを承諾してもらいました。」ということを証明する書類です。

賃貸物件(アパート・マンション・月極駐車場)に車を保管している場合も、所有者から承諾を得たことを証明する書類が必要です。

他人の土地や車庫に無断で車を保管しておくことはできませんから、きちんと承諾を得たうえで保管場所を確保していることを警察署に証明する必要があるということです。

それでは、保管場所使用承諾証明書について、改めて自己所有であるときも含めてご説明します。

保管場所が自己所有である場合

保管場所が自己所有である場合が一番簡単です。

自分で書類に記入すればよいということになります。「自己所有の土地や車庫を使用することを自分で証明する」ということです。

自分で自分を証明するなんて馬鹿げていると思われるかもしれませんが、第三者から見たら誰が所有者であるかを把握することは困難です。ですから、自己所有であっても証明書の提出が求められます。

一般的に「自認書」と呼ばれています。

自認書の書き方についてはこちらをご覧ください。

保管場所が他人の所有である場合

車の保管場所が他人の所有である場合は、その所有者の承諾が必要になります。状況に応じていくつかの方法があります。

親や知人の所有地であるとき(無償で借りる)

車の保管場所として親や知人の土地・車庫を無償で使用させてもらう時は、その所有者である親や知人に承諾書への記入をしてもらうことで承諾書を完成させることができます。

また、親や知人であれば、若干の手間こそあるものの、抵抗感なく承諾書への記入をお願いすることができると思います。

賃貸物件(アパート・マンション・月極駐車場)であるとき(賃料を払っている)

賃貸物件に車を保管する時も基本的にはその保管場所の所有者に承諾をもらう必要があります。しかし、賃貸契約書がある場合とない場合で対応が変わります。

賃貸契約書がある場合

賃貸契約書がある場合、常に必ず所有者に会いに行き、承諾書に記名押印をもらわなければならないとは限りません。

賃貸契約書に駐車場に関する内容の記載(所在・駐車場番号・賃料・支払時期・解約の方法など)があれば、賃貸契約書の写しでもって承諾書の代わりとすることができます。

この場合、賃貸契約書をコピーして他の書類と一緒に提出するだけです。

ちなみに、賃貸契約書にはいろいろな内容が書かれていますので、黄色のマーカーで駐車場に関する記載箇所にしるしを付けておくなどの工夫をしておくと、窓口の職員も確認がしやすく、待ち時間が短縮されるでしょう。

賃貸契約書がない場合

万が一、賃貸契約書を交わしていない、若しくは駐車場に関する記載がないときは、面倒ですが車の保管場所の所有者に承諾の記名押印をもらわなければなりません。

中には、管理会社や管理組合が間にはいっていて直接所有者に承諾を得ることができないこともあります。そうなると、管理会社や管理組合に代行手数料を請求されてしまうところもあるようです。(管理会社等が証明書を交付してくれることもあります。)

各々手続きのやり方は異なると思いますので、事前に問い合わせてみてください。

余談ですが、賃貸物件で賃貸契約書がないのは危険です。賃料の支払いや解約についてトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

もし賃貸契約書がないことが判明したなら、改めて賃貸契約の内容を確認し、契約書を交わしておくことが大切です。

保管場所使用承諾証明書の書き方についてはこちらをご覧ください。

まとめ

賃貸物件に車を保管する場合は、賃貸契約書に駐車場に関する記載があればコピーの提出で済みますので、手間なく申請書類を揃えることができるでしょう。

一方、賃貸契約書がない、若しくは駐車場に関する記載がないときは、直接承諾をもらったり仲介をお願いしなければならず、時間と費用がかかってしまう可能性があります。

しかし、賃貸契約書なしで部屋や駐車場を貸し借りすることは通常考えにくいので、このケースはめったにないケースだと思います。