平成26年4月1日から、車庫証明申請書(自動車保管場所証明申請書)の様式が一部変更になりました。

実は順番が変わっただけ!?

申請書は通常、保管場所標章交付申請書2枚と一緒にされていて、4枚綴りの複写形式となっています。車庫証明申請書は4枚のうち上の2枚になっており、以下のような申請書です。

1枚目

申請書

2枚目

sinnseisyo

実は、内容は何も変わっていません。1枚目と2枚目の順番が入れ替わっただけです。それまでは、黒の用紙が1枚目で、茶色の用紙が2枚目でした。

消えるボールペンで悪さをする者が現れた!

ではなぜ順番を入れ替える必要があったのか。気が変わったから?あり得ません。原因は、画期的な文房具「消えるボールペン」を悪用するものが現れたことです。

これまでは、黒の用紙に記入をしていました。よって、茶色の用紙は複写(青の字)になっていました。画像を見ていただくとわかるように、警察は茶色の用紙に県証紙を貼って控とし、黒の用紙を私たちに証明書として返却していました。つまり、証明書が交付された後、いかようにも偽装することができたのです。

そこで警察は、黒の用紙と茶色の用紙の順番を入れ替え、私たちに証明書として返却する用紙を2枚目にすることにしました。たとえ消えるボールペンで記入しても、記入した1枚目の茶色い用紙は警察の控となります。私たちに返却される黒い用紙は、複写された青い字になりますから、消すことはできません。このように偽装を予防しているのです。

書き方は全く変わりませんし、古いタイプの申請書も引き続き利用できますのでご安心ください。