車庫証明を本人以外が申請する場合、委任状は必ずしも必要はありません。申請書を本人の名前で作成すれば、提出と受領に限っては、誰でも委任状なしですることができます。

事実、警察署の窓口に行くと、自動車業者の方を良く見かけますが、委任状はもらっていないでしょう。おそらく、これを読んでおられるあなたも、車を購入する時に車庫証明の委任状に押印した記憶はないと思います。

しかし、車庫証明に手続きにおいて委任状をもらい代理人として申請することはできます。私はいつも委任状をもらうようにしています。なぜなら、委任状をもらうことで、代理人による訂正が可能になるというメリットがあるからです。

詳しくはコチラをお読みください。

車庫証明に委任状は必要?

では、敢えて委任状を使いたいという方のために、委任状の書き方をご紹介します。

A4用紙を横向きに使うのがベター

車庫証明の申請書やその他の添付書類は、A4用紙を横向きの仕様になっています。ですから、委任状も同じ向きにしておくと、一連の書類の収まりがよくなります。

もちろん、縦向きでも問題ありません。

代理人の住所氏名を書く

用紙のトップに「委任状」と題して、続いて代理人の住所氏名を書きます。住所氏名に加えて連絡先として電話番号も書いておくとよいです。

委任状をもらうことで申請に関することは、代理人に一任されることになります。よって、申請に関する連絡事項は全て代理人に来ることになるからです。

代理人の押印は不要です。

委任事項を書く

代理人の住所氏名を書いたら、その下に次のように記入しましょう。

「私は、上記の者を代理人と定め、下記の権限を委任します。」

下記の権限ですから、その下に「記」と書きます。

続いて、委任事項を書いていきます。委任事項は次にように書いておけば問題ありません。

  1. 自動車保管場所に係る申請及び届出について、書類の作成、申請代理、補正、取下げ並びに交付証明書等の受領に関する一切の件、及びこの関係の原本還付請求とその受領に関する件。
  2. 上記申請に関する復代理人選任に関する一切の件。

ポイントは「補正」というフレーズを確実に入れておくことです。

警察は役所の中でも細かい指摘をしてくることがあります。補正の文言がないと、いざ補正が発生した時に「補正の権限はないからダメ」と指摘してくる可能性も十分にあり得ますので、「補正」というフレーズは必ず入れておきましょう。

委任者(本人)の署名押印をもらう

最後に、委任する人(本人)から署名と押印をもらいましょう。この時、余白に捨印をもらっておけば完璧です。

委任状の例はコチラ。参考にどうぞ。

合わせてコチラもご覧ください。代行と代理の違い