車庫証明は保管場所法「自動車の保管場所の確保等に関する法律」という法律に定められている「義務」です。したがって、この義務を守らない者は罰せられることになります。

罰則は次の通りです。

 違反内容  罰則 違反点数
 虚偽の保管場所申請  20万円以下の罰金
 道路の車庫代わり使用  3ヶ月以下の懲役または20万円以下の罰金  3点
 道路における長時間駐車  20万円以下の罰金  2点
保管場所の不届、虚偽届出  10万円以下の罰金  ー

保管場所法違反は前科になります

保管場所法違反の場合は、スピード違反で捕まった時のように「反則金を納めて終わり」というわけではありません。

保管場所法違反者は検察に起訴されることになり、略式裁判にかけられます。その後裁判官が罰金額を決定し、罰金刑が科せられるのです。罰金刑は立派な刑罰です。つまり違反者は前科者となります。

道路上の長時間駐車のリスク