A.はい。貼らなければなりません。

 

軽自動車であっても、車庫証明を取得しなければならない地域に車を保管する場合、普通自動車と同様にステッカー(保管場所標章)を所定の位置に貼らなけてればなりません。

これは、自動車保管場所の確保等に関する法律(以下「保管場所法」)によって定められています。

保管場所法はステッカー(保管場所標章)について次のように定めています。

    第6条第2項(要約)

  • 車庫証明の申請により保管場所標章の交付を受けた者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、当該自動車に保管場所標章を表示しなければならない。

これは普通車についての定めなんですが、同法律の附則第7項において軽自動車にも準用すると定めていますので、軽自動車も普通車同様にステッカー(保管場所標章)を貼って表示しなければならないという結輪になります。

軽自動車にステッカーを貼っていないと捕まるのか?

軽自動車の車庫証明を取得しなければならない地域に車を保管する場合、ステッカー(保管場所標章)を貼らなければならないことは説明しました。

では、貼っていなかった場合に警察に捕まるのかどうか?ということが気になりますよね。

私の個人的な意見ですが、軽自動車については、貼っていないのを見られたくらいでは直ちに検挙されるようなことはないと考えます。

なぜなら、軽自動車には車庫証明が必要な地域とそうでない地域が混在しています。ナンバーを見た程度では、その軽自動車がどこに保管されているのかを判断することは難しいからです。

ですが、そもそもステッカーは貼る義務がありますので、「捕まらなければ貼らなくて良い」という理屈は成立しません。交付を受けたら必ず貼るようにしましょう。

一方、普通車は必ずステッカーが貼られていなければなりませんので、見つかると注意や指導があるかもしれません。

また、悪質な路上駐車など違法行為を犯した場合には、ステッカーが貼られていないことにより検挙され、法定通りの罰が下される可能性も否定はできません。(違法行為に関しては道路交通法などの他法令により検挙される場合もあります)

「ステッカーは貼る!」このように覚えておいてください。

※あくまで個人的意見です。