A.はい。できます。

 

車庫証明は必要な書類も少なく、比較的簡単な手続きであるため、どなたでもできると思います。

ただ、申請窓口が警察署であり、平日の昼間しか受付ていません。したがって、お仕事が忙しい方の場合、書類自体は用意できても申請に行くことができないということになるかもしれません。

そんな時は、家族の誰かに代行してもらったり、行政書士に依頼するなどの対応が必要になるでしょう。

誰かに申請を依頼する場合に気を付けなければならないことは、「誤字脱字をしない」ということです。訂正が発生した場合、本人の訂正印が必要になります。

代行者では訂正ができませんので、訂正印を押印して後日また警察署まで出かけなければなりません。ですから、何度も確認して完璧な書類を作ることを心掛けて下さい。

平日の昼間に時間がある方なら、問題無くご自身で申請することは可能です。費用も最小限に抑えられますので、チャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

前述しましたが、訂正時には訂正印が必要です。申請する時は必ず申請書に押印したものと同じ印鑑を持参してください。

なお、当ホームページや各県警のホームページでは書類の書き方を紹介しています。書類の書き方が分からない時は、ぜひ参考にしてみてください。

車庫証明を行政書士に依頼するメリットとデメリット