A.はい。必要です。

 

普通車を新車で購入した場合や中古車で廃車になっている(一時抹消登録された)車を購入した場合、運輸支局で新しい車検証やナンバープレートを交付してもらわなければなりません。これを「新規登録」といいます。

この新規登録の際に車庫証明を提出しなければなりませんので、新車購入時には必ず必要になります。

車検が残った中古車を購入した場合、運輸支局で名義変更「移転登録」をしなければなりません。この手続きでは車検証の所有者や住所を変更します。この名義変更手続きの際にも車庫証明を提出しなければなりません。

軽自動車の場合、まず保管する場所が車庫証明が必要な地域かどうかを確認します。もし車庫証明が必要な地域に該当する場合は、車庫証明を取らなければなりません。

ただ、普通車と違い、軽自動車検査協会での「新規検査」(普通車で言うところの新規登録)、「自動車検査証記入申請」(名義変更)手続きにおいては必要ありません。

しかし、どちらにしろ後から警察署に自動車保管場所届出をすることになります。

愛知県で軽自動車の車庫証明(自動車保管場所届出)が必要な地域
名古屋市、瀬戸市、春日井市、小牧市、一宮市(旧木曽川町、旧尾西市を除く)、半田市、刈谷市、安城市、岡崎市(旧額田町を除く)、豊田市(旧藤岡町、旧小原村、旧旭町、旧稲武町、旧足助町、旧下山村を除く)、豊川市(旧一宮町、旧音羽町、旧御津町、旧小坂井町を除く)、豊橋市