Q.お隣さんが、駐車スペースがないため、私の家のスペース(駐車はしていません)に書類上駐車することにしてくれないかと言って、承諾の印鑑を求められました。この様なことをしても大丈夫なのでしょうか。

A.違法行為に加担することになります。やめましょう。

 

本当にお隣さんが駐車するのであればかまいません。しかし、実際は違う場所に駐車するとなると問題です。お隣さんは虚偽の申請をしたことになり、違法行為です。

虚偽の申請は、20万円以下の罰金と法律で定められています。あなたは違法行為に加担してしまうことになります。違法と知りながら承諾したとなるとなおさら悪質です。万が一虚偽であることがばれた場合、警察がやってくるかもしれません。逮捕されるわけではありませんが、いい気分はしないでしょう。

お隣さんとの付き合いもあるかと思いますが、かえって関係をギクシャクさせてしまう可能性もあります。きちんと虚偽申請のリスク教えてお断りするべきでしょう。

どうせなら、お隣さんに有償で貸して、少額の駐車場代をもらうというのはどうでしょうか。それなら法的に問題もありませんし、お金で解決できますから。参考にしてみてください。

罰則について

「車庫とばし」とは