A.いいえ。所有者と使用者が異なる場合、使用者が申請します。

 

車庫証明は、車の使用者がその車をきちんと所定の保管場所に駐車しているかどうかを確認し、証明するものです。よって使用者が申請すべきものといえます。

当然、所有者でも使用者でもない者を申請者とすることはできません。